ペンギンの休憩所

映画や本の感想などいろいろ

映画「キャスト・アウェイ」の簡単あらすじと感想

今回紹介するのはトムハンクス主演の映画「キャスト・アウェイ」です。

監督はあの「バックトゥザフューチャー」シリーズで有名なロバート・ゼメキス監督です。

作品情報

監督 ロバート・ゼメキス

脚本 ウィリアム・ブロイルズ・ジュニア

出演者 トムハンクス、ヘレン・ハント

公開 2000年

あらすじ

世界宅配便のフェデックスの社員だったチャック・ノーランドの乗った飛行機が事故を起こす。一人無人島に流れついてしまい、恋人のケリーと再会するために生き延びようとする話。

感想

この映画は主人公のチャックの無人島での生活がメインになっています。もし自分が無人島で一人きりだったらどうするんだろう?チャックと同じような行動をとるのかな?って考えてしまいました。チャックは生き延びるために様々な手を考えます。島に自生しているココナッツを割って水分を確保したり、島に流れついた宅配便の洋服から魚をすくう網をつくったり。(宅配便にはその他にカセットテープ、バレーボール、スケートシューズなど)

しかし、次第に彼は精神を病んでいきます。ある日、チャックが火起こしに挑戦していると手を切って出血してしまいます。ブチ切れてしまった彼は近くにあったバレーボールを投げつけます。孤独に耐えきれなかった彼はその血の付いたバレーボールをアレンジして話し相手の「ウィルソン」を作ります。このウィルソンがこの映画の重要なピースになっていると思います。チャックはウィルソンに話しかけることによって、孤独をやわらげようとしていたのです。

またもう一つこの映画の重要なピースである恋人のケリーの存在もチャックにとって非常に大切なものでした。ケリーの写真の入った懐中時計を大切し、彼の心を支え続け、希望を持っていたのです。

そして個人的に見てられなかったシーンはチャックが自分の歯を抜くシーンです。前々から歯を悪くしていたチャックは無人島で過ごしているうちに段々痛みに耐えきれなくなってしまい、スケートシューズの刃を使って歯を抜こうとします。そのシーンがすごく痛々しくハラハラしました。

個人的にこの映画は心情描写が豊富だと思います。無人島でのサバイバル生活は多少省かれていますが、無人島で一人取り残されたチャックの心情がウィルソンを通して見ている人に語られています。そして無事に恋人のケリーと再会できるのか、再会したらどうなるのかというところも見どころですので興味のある人はぜひ見てみてください。