ペンギンの休憩所

映画や本の感想などいろいろ

[toeic日記5週目] 新しい単語帳へ

こんにちは!ペンギンの休憩所です。

今回もtoeic日記を書いていきたいと思います。

期間11月19日~25日

主にしたこと

前回までにターゲット1900が終わったので、toeicの専門の単語帳をやっていこうと思い、自分なりにどの単語帳が良いかなと調べていました。

toeicの単語帳というと、かなりの数になると思います。

個人的にはそれなりに有名な単語帳とか気に入ったものがあれば、その1冊を徹底してやることで効果が出ると思います。

そんな感じで僕が選んだのはこの単語帳です。

この単語帳の著書の方は関正夫さんで「スタディサプリ」で英語の講師をしている方です。

受験生の頃、関先生の文法の授業を受けて、すごい分かりやすかった覚えがあります。

関先生の本は他にもいくつか持っていますが、単語帳は初めてでした。

具体的にどんな感じの単語帳かというと単語ごとにその単語の成り立ちやどんな風にtoeicの試験に出るのかなど書いてあります。そのため、しっかりと読み込んでいくことで記憶に残りやすいです。 

まとめ

5週目はこんな感じ進めていきました。

この単語帳は1カ月を目処に終わらせるつもりなので、12月の中旬までには終わらせたいです。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございます。

では!

 

〔toeic日記1~4週目〕ターゲットの巻。

 

 

 

 

f:id:penguinnnn:20181125101511p:plain


こんにちは!ペンギンの休憩所です。

今回はtoeicの学習の進捗状況について書いていきたいと思います。

1週間に1回は更新したいと言ってましたが、いきなり4週まとめてとなってしまいました。これからはもう少し更新の頻度を上げていきたいです。(笑)

また、2019年の1月13日に団体ではなく、初めて個人で受験しに行くので今はそれに向けた学習をしています。

 

主にしたこと

期間 10/22~11/18

この期間はひたすら単語をしていました。

具体的にはターゲット1900を使って苦手な単語を潰していく作業です。

大学受験の時にお世話になったので、覚えている箇所も多いのですが、個人的に全然覚えられない単語とかあったので、そこを覚え直していました。

あとはすぐに思い出せない単語とかです。

そこに印をつけて周回していました。

だいたい、印付けたところは全部で400〜500単語ぐらいあったと思います。

 

他にしたこと

単語が終わったら、あとは気晴らし程度に日本の漫画の英語版を読んでいました。

読んでる漫画は個人的に僕が一番好きな「鋼の錬金術」です。「ハガレン」ですね。

ハガレンは普通の日本語版も家にあり、ストーリーも頭に入っているので、英語版で分からない単語とか表現とかが出てきても何となくで読んでいます。

しかし、唯一欠点があって、それは値段が高いことです。僕は紙の漫画を注文したのですが、家に届くまで2週間弱かかったのと、市販の漫画の2倍ちょっとしました。

けれど楽しく英語に触れられるので買ってよかったと思います。

Kindle版だとかなり安くて、日本の漫画を市販で買うのにプラス200〜300円ほどで買えます。 

 

これから

これでターゲットの単語はとりあえず制覇したので、次からはtoeic専用の単語帳を使っていきたいと思います。

今までは受験の時の英語力を取り戻す感じで主に復習中心だったので、これで、toeicの勉強に本腰を入れて取りかかれると思います。

実を言うともうtoeicの単語帳をやり始めているので、また記事にしていきたいと思います。

 まとめ

こんな感じでtoeicの勉強についてまとめてみました。

今回も読んでいいだきありがとうございます。

では!

 

 

 

〔書評〕「Action Reading」1日30分でも自分を変える行動読書

 

こんにちは!ペンギンの休憩所です。

今回の記事は赤羽雄二さんの著書「Action Reading」の書評です。

「本を読みたいけど、時間が無くて読めない。」や「最後まで読みきれない。積読になってしまう。」といった悩みに関して、著者の方が実践している解決策などが書かれています。

f:id:penguinnnn:20181108223943j:plain

 

作品情報

著者 赤羽雄二

目次

序章 「読みたくても本が読めない」5つの理由

第1章 なぜ、できる人は忙しくても本を読むのか

第2章できる人は忙しくても、なぜ、本が読めるのか

第3章 短い時間で、読んだ内容を身につける「集中読書術」

第4章 できる人は、読んだ本をどう活かすか

第5章 ムダな本で時間を費やさないために

 

 

印象に残った箇所

要は、本を余暇とか趣味とか考えずに、自分の24時間のなかで割り振るべき重要な活動の一つと見て、自分にとって快適かつ生産的な時間のかけ方を習慣化することが非常に大切です。

 

僕は本を読む際に「この時間に読もう」といったことは考えずにいわば場当たり的に読みたい時に読むといった感じなのですが、少し限界を感じていました。

なぜかというと、日によって忙しさが違うのでどうしても読めない日や読む時間にばらつきが出てしまうからです。

そうなるとやはりモチベーションが下がってしまうのも否めないため、それを解消するために習慣化して一定の時間を本を読む時間にして確保するということは大切なことだと思います。

そうすると最近本を読めないといった悩みが減ることにつながります。

 

問題意識を維持させるには、読む前に「この本で何を得たいのか」「なぜこの本を自分は手にとったのか」を明確にしておく必要があります。それだけで集中力や吸収力が上がり、目に飛び込んでくる文字が変わってきます。

 

このことは僕も本を読む際に気をつけていることなのですが、この本から自分は何が欲しいのかと考えることで読む内容が頭に入りやすくなると思います。特にビジネス本や実用書を読むときは実践してみるといい感じです。

けれど、小説を読むときはあまり何を得たいかとかは考えずに読み始めています。

 

まとめ

こんな感じでまとめてみました。

記事には特に印象、ためになった箇所を書きましたが、その他にもためになった部分はあるので、よかったら参考にしてみてください。

では!

 

 

[toeic日記]英単語のやり方編

こんにちは!ペンギンの休憩所です。

今回はtoeicの勉強を進めるにあたって、僕なりの英単語のやり方を書いていきたいと思います。

英単語は英語を読むうえで何よりも重要というか、わからなかったら意味が取れないので非常に大切な部分です。

 

 

使っている単語帳

単語帳はターゲットを使っています。toeicの勉強なので、toeic専用の単語帳を使えばいいのですが、その前に受験期に覚えていたけれど、今はうろ覚えになっている単語とかは以前使っていたターゲットを使った方が定着しやすいと思ったので使っています。

そしてターゲットを終了したら、toeic用の単語帳に行きたいと思います。 

主な目的

基本的に受験の時にやったためある程度は覚えています。しかし、やはり苦手な単語とか一文字違いの単語などややこしい単語があるためここで潰していきたいです。

ちなみにここ最近新たに発見したややこしい単語としてreviseとreviveがありました。

何度も周回プレイをしているのにこの2つの単語にはかなり苦労させられました。

(ちなみに両方とも動詞でreviseは「修正する」

reviveは「復活させる」という意味です。)

また、単語を見たときに瞬時に思い出すためにするのも目的です。

やり方

1つの単語を見てすぐに思い出せたらOKとし、思い出すのに3〜4秒掛かったり、思い出せなかったら印をつけます。

そして2周目には印をつけたところだけをやっていきます。

2周目からは新たな印はつけずに既にある印のところを時間が許すかぎりひたすら周回していきます。

時間は25分で1度区切り5分の休憩をとって、また25分をやって5分休んでいくという「ポモドーロテクニック」のやり方で進めています。

これを4セット(25分やって5分休んでで1セット)やって終了です。

なので勉強時間は2時間です。

単語だけでかなり時間を掛けているんですが、英語の勉強は今はこれしかやってないので丁度いい感じです。

まとめ

今回は英単語のやり方について僕なりのやり方を書いてみました。

ターゲットは以前使っていたため、単語を新しく覚えるインプットの過程は省いて、確認しかしていないためスムーズに進めていますが、toeicの単語帳になると完全に初見なので少しやり方を変えてやっていきたいと思います。

今回も読んでいただきありがとうございます。

では!

 

1年でtoeicの点数を400点上げたいのでのでいろいろまとめてみた

f:id:penguinnnn:20181021103506j:plain

こんにちは!ペンギンの休憩所です。

タイトルにもある通り、今回はtoeicに関する記事です。

自分へハッパをかけるという意味でもここで記事にしておこうと思いました。

まずはどうしてtoeicを受けようと思ったのかとか、目標点などについてまとめてみました。

 なぜtoeicを受けようと思ったのか。

そもそも僕がなぜtoeicを受けようと思ったのかですが、様々な理由あるので列挙してみたいと思います。

  • 何か自分で目標を設定して、達成してみたい。
  • 自分の英語力を伸ばしたい。
  • 英語で書かれた本が読みたい。
  • 高得点だったら便利かも。
  • 英語を勉強するのが、あまり苦ではない。
  • なんか楽しそう。

特に一番大きな理由は、自分で目標設定して、達成したいというものです。

考えてみると、僕のこれまでの人生を振り返ってみて、「何か成し遂げたっていう経験ってないな」と思っていて、「じぁ比較的得意な英語でも頑張ってみるか」って感じで決意した次第です。

そうなると、何か目標が欲しくて資格を取ろうと思いました。

まず、英語の資格で有名なものといえば英検、toeic、toeflなどが挙げられます。

このなかで僕は英検を受けるか、toeicを受けるかで迷いました。

結果的に英検は1級とかになると無茶苦茶難しそう、toeicは勢いがスゴそう!というすごい安易な感じでtoeicを受けることにしました。

また、ブログの記事にすることもできるし、一石二鳥じゃね!?とも思いました。

 

 ペンギンの英語スペック

  •  学生時代(中学、高校)、英語だけ得意だった。
  • センター試験の過去問の最高点は188点だか、安定せず160~190の間をひたすら彷徨う。(本番は162点とかその辺だった気がする)
  • 大学入学時に学校で受けたtoeic初受験の点数は510点。(奇跡的にListening、Readingが255点で同じ)
  • 大学では第一外国語として英語を履修。

目標、計画

  • 来年の10月29日の試験までにtoeic900点を超えたい。
  • また、それまでに行われる試験を全部受ける。

やり方

詳しくは別の記事に書くかもしれませんが、こんな感じで進めるつもりです。

 

単語→文法(ざっくり)→英文解釈系の参考書→toeic公式問題集

 

すぐにtoeicのテストの点を上げたいなら、いきなり公式問題集をやってもいいかもしれませんが、それだといつか頭打ちがきそうなので僕はこんな感じでやってみます。

まとめ

今回はtoeicに関して目標などを立ててみました。 

勉強の進捗状況、試験結果は随時ブログに上げていきたいと思っています。

少なくとも一週間に一回は何かしら報告ができたらなと思っています。

今回も読んでいただきありがとうございます。

では!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

太陽は月の約400倍の大きさだけど空を見上げると同じ大きさに見えるのはなぜ?

f:id:penguinnnn:20181008183136j:plain

今回は太陽と月に関する雑学についての記事です。

みなさんは太陽が月の約400倍の大きさだと知っていましたか?

僕は~倍という数字までは知りませんでした。

では、空を見上げると太陽と月がほぼ同じ大きさに見えるのはなぜだと思いますか?

答えは地球と太陽の距離が、地球と月との距離の約400倍になっているからです。

これででこの記事の役目はほぼ終わってしまったんですが、もう少し詳しく調べていきたいと思います。

太陽の詳細情報

太陽の直径は139万2千kmで地球の直径1万2756kmの約109倍です。

また地球と太陽は約1億5千万kmの位置関係にあります。

月の詳細情報

 月は地球からの平均距離が約38万kmのところを回っています。

38万×400=1億5200万なので、このことからも距離関係がわかります。

まとめ

こんな感じでまとめてみました。

参考になったら幸いです。

では!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

映画「大脱出」の簡単あらすじと感想

今回紹介するのはシルヴェスター・スターローンとアーノルド・シュワルツェネッガーのW主演の映画「大脱出」です。

刑務所から犯人が脱走するエピソードやドラマが好きな僕にとって、とても楽しく見ることができました。

作品紹介

監督 ミカエル・ハフストローム

脚本 マイルズ・チャップマン

出演者 シルヴェスター・スターローン、アーノルド・シュワルツェネッガー、他

公開 2013年

上映時間 115分

あらすじ

レイ・ブレスリン(シルヴェスター・スターローン)は世界屈指のセキュリティ・コンサルタント=脱獄のプロである。そんな彼がある日、何者かの手によって拉致されてしまう。収容された監獄でエミル・ロットマイヤー(アーノルド・シュワルツェネッガー)と名乗る男に出会うが、この男は敵か味方か。また、レイを拉致した黒幕は、、、

感想

まず、シルヴェスター・スターローンとアーノルド・シュワルツェネッガーのW主演というのがこの映画の注目すべきポイントだと思います。

2人ともマッチョでかっこいいです。

そんな2人がいわば相棒のような感じで映画が進行します。

最初はロットマイヤーのことを疑っていたレイですが、ロットマイヤーが協力するにつれて徐々に信頼していきます。

あとはどうやって監獄から抜け出すのか、その描写がたくさんあってかなりワクワクしました。

様々な物や知識を使って、抜け出そうとするのは見てて楽しかったです。

みなさんもよかったら見てみてください。